こわい紫外線を避ける?サングラスのおはなし


そもそも紫外線とはどんなもの?

季節が進み暖かい日が増えていくにつれて、だんだんと強烈になっていく紫外線。気になる人も多いといいます。肌にダメージを与えるとされている紫外線ですが、その実態はどんなものなのでしょうか。
私たちに降り注ぐ太陽光線の中には、目に見える「可視光線」「赤外線」「X線」「ガンマ線」が含まれていることが知られており、中でも紫外線は、波長の長さからA波B波C波に分けられ、短い波長のものほど肌に悪影響を及ぼすといわれています。そのダメージを考慮して日傘や帽子というアイテムを使うことは、日常生活を送るうえで必須となっています。

有害な紫外線をブロックする?サングラスの効果

紫外線から身を守るもののひとつとして、サングラスが挙げられます。
紫外線といえば肌の日焼けのことを想像する人も多いかもしれませんが、実は肌が日焼けするのと同じように眼も日焼けを起こすことがあるのです。眼が日焼けすると「眩しい感じがする」「異物感がある」あるいは「涙が止まらない」「眼が乾燥する」などの障害が起こることが考えられます。そこで重要になってくるのが紫外線から眼を守るサングラスです。

サングラスは紫外線をカットし、眼を日焼けからガードしてくれる道具です。そんなサングラス選びのポイントは、どれくらい紫外線の驚異から眼を守ってくれるか。サングラスは紫外線を遮断する効果のあるUV加工のものや、サングラスの隙間から侵入してくる光線のことも考え、なるべく眼を覆うレンズの大きいものを選ぶと安心できます。
紫外線は肌にとって有害なものですが、眼にも悪い影響を与えます。そんなリスクから眼を守るサングラスは、これからも頼れる存在となっていくことでしょう。

スポーツサングラスが登場した時期は1980年代です。スポーツを快適にすることを目的に設計された仕様は当時の常識を覆す発想だったことから話題を呼んでブームになりました。